検索
  • SDGs Insight

東急不動産により中期経営計画と価値創造プロセスに応じたSDGsへの貢献

東急不動産は、日本の総合不動産会社。東急グループの1社で、東急グループの本拠地でもある渋谷のほか、都内に約100棟のオフィスビルを所有しています。 そんな東急不動産は、中期経営計画「Value Frontier 2020」を公開。 ※定量数値については、見直し等を実施しています。 2020年に向けては、下記を基本方針として掲げています。 ①関与アセットの拡大 渋谷再開発など優良アセットの開発・アセットの獲得・関与を通じ、関与アセットの拡大を図ると ともに派生する事業機会の拡大・創出を推進し、グループ収益基盤の安定成長を図る ②新たな需要創出 当社独自のウェルネス事業・ハンズ事業等やグループの強みを最大限活用し、新たな需要創出 を図るとともに、海外事業等、新たな事業エリア展開を図り、更なる成長の源泉を獲得する

また、「統合報告書」においても、自身の強みを生かしながら、「働き方」「住まい方」「過ごし方」に関するビジネスを展開し、SDGsなど社会への価値を提供していくことを整理してます。 また統合報告については、東急不動産にとっての重要な社会課題(マテリアリティー)における「機会」と「リスク」を明らかにした上で、関連するSDGsの目標の紐づけを実施しています。

また、中期経営計画も、東急不動産が優先して取り組むべき各課題を検証・特定したマテリアリティーをベースとして戦略構築を行ったとしています。 具体的アクションとして、「SDGs 未来都市・横浜」が推進するモデル事業、横浜市緑区最大級の複合開発 「緑区十日市場町周辺地域 持続可能な住宅地推進プロジェクト」の推進なども実施しています。

今回は東急不動産の中計経営計画と、SDGsへの取り組みについて紹介しました。

引き続き、企業・団体のSDGsの達成に向けた取り組みなどを紹介していきます。

※SDGsの導入やブラッシュアップなどを検討されている方は、ブティックファームの KI Strategy Inc.でも支援を実施しています。

お気軽にご連絡ください。

​メルマガ登録はこちら

Copyright (C) SDGs Insight All Rights Reserved.

運営会社:株式会社KI Strategy

東京都港区芝5丁目27番3号B-102号室

info@kistrategy.co.jp