Copyright (C) SDGs Insight All Rights Reserved.

運営会社:株式会社KI Strategy

東京都港区芝5丁目27番3号B-102号室

info@kistrategy.co.jp

検索
  • SDGs Insight

タイ・ユニオンによるSDGsの取り組みと具体的なアクション

最終更新: 1月25日


タイ・ユニオンによるSDGsの取り組み

タイ・ユニオンは、タイの水産加工会社大手企業です。海産物の冷凍食品や缶詰の製造・販売を手掛けています。主な製品は冷凍ツナ、エビ、 タコ、イカ、加工食品、ベーカリー、ペットフードなど。

主力商品の、ツナ 缶では世界最大規模を誇り、1992年より三菱商事、はごろもフーズと合弁事業を展開しています。

タイ国内のほか、ヨーロッ パおよび米国において現地の有名ブランドの缶詰などの製造・販売も行うグローバル企業となります。

SDGsに対しては、サステナビリティーレポートなどにおいて、目標2、目標8、目標14に対して重点的な具体的なアクションを明確にしています。


タイ・ユニオンによる具体的な取り組み

2015年に製造の過程で、労働問題などが欧米メディアや国際NGOから批判に晒され、様々な施策をコミットメントしています。

・集魚装置が、海の生態系に悪影響を及ぼしうるということで、FADs(人工集魚装置)の使用を2020年までに半減

・2020年までにタイ・ユニオンの取引先全ての漁船で絡み網集魚装置の使用を禁止 などなど

また、2016年には持続可能な水産ビジネスの推進に向けた「SEAFOOD BUSINESS FOR OCEAN STEWARDSHIP」にも署名をしています。


SDGsについては、先進国企業だけでなく、グローバルでビジネスを展開する発展途上国の企業においても、様々な取り組みが生まれてきています。

そうした、海外の事例についても紹介していきます。

※SDGsの導入やブラッシュアップなどを検討されている方は、ブティックファームのLifeDrumLab Inc.でも支援を実施しています。

お気軽にご連絡ください。

#Goal2 #Goal8 #Goal14

​メルマガ登録はこちら