検索

米スターバックスのソーシャルインパクトレポートとSDGsへの貢献

最終更新: 11月8日


スターバックスとソーシャルインパクトレポート

日本でも馴染みの深いスターバックスの話題について。

スターバックスは、1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルでスタートした、コーヒーチェーン店です。

世界規模で拡大し、その活動が与える、グローバルなインパクトは大きなものがあります。

そんなスターバックスは、「Global Social Impact Report」を発行しています。

※余談ではありますが、米スターバックスだけでなく、各国のスターバックスにおいても、ソーシャルインパクトという用語をスターバックスは良く活用しています。

※ソーシャルインパクトや、サステナビリティ、CSR・CSVなど企業のカラーが出る部分ではあります。


ソーシャルインパクトレポートには、具体的な活動事例や、数値目標として下記などが掲げています。

・倫理的なコーヒー豆の調達比率100%

・2020年までに、農家に対する、5000万ドルの投資

・2020年までに、20万人のコーヒー農家の経営強化支援

・2025年までに、一億本のこーひの気の植林

スターバックスとSDGs

既に様々な取り組みを実施してきたスターバックスですが、そうした活動をSDGsという観点で整理するとどうなるかについて、別途、「SDGsレポート」の発行も実施しています。

STARBUCKS CONTRIBUTION TO THE UN SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

SDGsレポートを通じて、スターバックスの様々な活動が横ぐしを刺して確認することが可能になっています。


スターバックス・ジャパンにおける、プラスチック削減キャンペーン

スターバックス・ジャパンにおいても取り組みが実施されています。

例えば、昨今マイクロプラスチック問題が注目を集めています。

こうした背景をうけて、スターバックスでは、「Reuse & Respect」サステナビリティプロジェクトの一環として、プラスチック製の使い捨てカップ削減へのインセンティブ付与の取り組みなども実施しています。

”再利用可能なカップまたはタンブラーをスターバックス店舗へお持ちのお客様に対して、環境に配慮し、紙製またはプラスチック製の使い捨てカップ削減にご協力いただいた御礼として、20円の値引きを実施しています。”

「プレスリリース(2019/04/15)」より引用 https://www.starbucks.co.jp/press_release/pr2019-3014.php 

今回は、世界的コーヒーチェーンのスターバックスのSDGsに関連する取り組みなどを紹介しました。

引き続き、企業・団体のSDGsに関連した活動などを紹介していきます。


※SDGsの導入やブラッシュアップなどを検討されている方は、ブティックファームの

KI Strategyでも支援を実施しています。

お気軽にご連絡ください。

最新記事

すべて表示

東京大学によるSociety5.0への変革を駆動する大学としてSDGsの達成に貢献

東京大学は、経済産業省による、「SDGs経営/ESG投資研究会」の中で、Society5.0への変革を駆動する大学としてSDGsの達成に貢献への方針を明らかにしています。 プレゼンテーション資料はこちら。 SDGs経営/ESG投資研究会では、国内外のSDGs経営の成功事例に焦点を当てつつ、如何にし て企業がSDGsを経営に取り込んでいくか、また、投資家はどういった観点からそう いった取組を評価

​メルマガ登録はこちら

Copyright (C) SDGs Insight All Rights Reserved.

運営会社:株式会社KI Strategy

東京都港区芝5丁目27番3号B-102号室

info@kistrategy.co.jp