検索

サステナビリティーを集合知で推進するプラットフォーム『Sasla(サスラ)』

SDGs Insight運営会社の株式会社KI Strategyは、持続可能な社会の実現に向け、挑戦者を応援し、プロフェッショナルの専門性を社会に還元させる群集知プラットフォーム 『Sasla(サスラ)』を開始しました。 ※プレスリリースはこちら 背景/目的

現在、国内外で、大小様々な社会課題が山積しています。

その一方で、そうした課題や問題を「機会」や「チャンス」と捉えることも可能です。

サステナビリティーに向けた挑戦を、世界中に散らばった知見や専門家が、集合知となってスクラムすることで、実現を後押し、今まで解決できなかった社会課題が一つでも多く解決される、そんな世界観をサスラは目指しています。


「どうしたらよりよい世界になるのだろうか?」サスラが扱っている問いはこの一つです。

ただ、よりよい世界の見方や捉え方は一つではなく、多様です。

例えば、プラスチックの利用について。 環境問題から光をあてると、時に有害なプロダクトとも見える一方で、貧困問題の観点で捉えると、格安で提供できる画期的な素材として捉えることも出来る・・・


答えのない、問いを扱うからこそ、様々な知見を持ったプロフェッショナルをサスラは集めています。 また、時に二律背反する課題を、技術やビジネスを通じて解決するイノベーションをサスラは積極的に応援していきます。

URL : https://sasla.jp/ サービス紹介

プロフェッショナルの専門性が、社会的・経済的価値を創造し、持続可能な社会への変革を後押しする。

知見を提供するという新しい社会への貢献の仕方を『Sasla(サスラ)』はご提案させて頂きます。


例えば、

・サステナビリティープロジェクトを推進させたいが、社内リソースがない

・将来有望なマーケットと言われているけど、どこに目をつけたらいいのか?

・国内外の競合サービスや、関連領域の先端研究の動向が知りたい

など


サステナビリティーへの対応や推進に課題を持つクライアントに、世界中の専門家の集合知がサポートします。


<プロフェッショナルに依頼できる形式例>

① サマリーコメント

数百文字程度で相談内容に関する知見や見解のコメント

② プロフェッショナルインタビュー

1時間などの短時間の中で、相談内容に対するインタビュー協力

③ リサーチ

専門領域に関するリサーチやレポーティングの実施

④ アドバイザリー支援

サステナビリティーの実行を業務委託として、現場に入った綿密なサポート


『Sasla(サスラ)』は、持続可能な社会の実現に向け、挑戦者を応援し、プロフェッショナルの専門性やベストプラクティスを社会に還元させる、群集知プラットフォームです。

登録対象者/利用登録イメージ

・コンサルファーム出身者

・シンクタンク/リサーチャー

・大学教授/研究者

・CSR、サステナビリティー、ESG、SDGs部門経験者

・製造業、素材、サステナブルビジネス事業者

・各種社会課題プロフェッショナル

・専門職(税理士・医師・建築士・中小企業診断士)

など


サステナビリティー推進知見や意思を持たれている方のご登録をお待ちしております。

『Sasla(サスラ)』にかける想い

「サステナブル・トランスフォーメーション(SX)」

「サステナベーション」

「ESG、SDGs」「パーパス、存在意義」


昨今、これらのキーワードをよく目にするようになりました。

一方で、より表層的な表現から本質的な洞察へ、また、抽象的な理想から具体的なアクションが求められているように思います。


『Sasla(サスラ)』では、何をやるのか?ではなく、なぜやるのか?を重視し、意義や志あるプロジェクトや仕事を後押しできればと考えております。

また、今後は、サステナビリティーに関連するプロフェッショナル人材が集積しているだけでなく、世界中の社会課題やその解決策の統合的な情報やインサイトが集う、アクセラレート・プラットフォームに成長させることを目指して参ります。

​メルマガ登録はこちら

送信ありがとうございました