Copyright (C) SDGs Insight All Rights Reserved.

運営会社:株式会社KI Strategy

東京都港区芝5丁目27番3号B-102号室

info@kistrategy.co.jp

検索
  • SDGs Insight

さいたま市におけるSDGsの取り組み~@日本青年会議所SDGs推進会議~

最終更新: 1月25日

SDGs推進会議にて

2019年5月25日に、埼玉県さいたま市にて、日本青年会議所のSDGs推進会議が開催されました。

SDGs Insightの今井は「企業経営×SDGs」について講演を実施してきました。

※講演などの依頼は随時募集しておりますので、お気軽にご連絡もらえれば幸いです。

当日は、さいたま市から、SDGsに関連する取り組みなどの紹介もされました。

昨今、「SDGs未来都市」の動向などを受け、企業だけでなく、自治体においても様々な活動が生まれてきています。

さいたま市のSDGsの取り組み

さいたま市は、 東京上野ラインで東京から一本でアクセスできるなど、住みたい街においても、上位にランクインする100万都市、政令指定都市の1つです。

SDGsについては、「E-KIZUNA Project」など、次世代自動車やスマートエネルギーの取り組みをかねてより実施しており、2015年より「スマートシティさいたまモデル」と呼ばれる取り組みを実施しています。

SDGsの目標の中に、「交通事故の半減」という目標があります。目標の実現に例えば、「自動運転」などのテクノロジーが注目されています。

ただ、その導入や実験においては、規制が立ちはだかります。そうした領域において、官民学の連携することで、仮説検証や課題解決にスピード感が増すということは、あるべき姿の一つでしょう。

また、今後の取り組みとして、様々な活動を企画されているとのことです。

例えば、デジタルグリッドなどを活用し、電力に”色”を付加するとともに、ブロックチェーンなどのテクノロジーを活用し、電力の最適配分も模索しているとのことです。

ただ、SDGsの推進に向けては、「マンパワー不足」や「認知度向上」などの課題も挙げられていました。

企業が取り組みべき活動と国がやるべきこと、地方自治体がすべきことは、同じはずもなく、適切な役割分担の中で、相互のパートナーシップを実現する機会としてもSDGsは期待されています。

SDGs Insightでは引き続き、企業・団体のSDGsの達成に向けた取り組みや動向について紹介していきます。


※SDGsの導入やブラッシュアップなどを検討されている方は、ブティックファームのLifeDrumLab Inc.でも支援を実施しています。

お気軽にご連絡ください。

​メルマガ登録はこちら