検索

農業の生産性向上を実現するプランテックスのクローズド型植物工場

今回紹介する企業は、生産性が格段に高い世界初クローズド型植物工場を提供するプランテックです。 世界的に進む農村人口の減少と都市人口の増加により、農村で生産し都市で消費する食料生産の常識に、変革が求められています。そうした中で、「省スペース・省資源で農村・都市を問わずに食と健康と安全・安心を提供できる」という特徴を持つ人工光型植物工場の変革を目指すのが、プランテックスとなります。 具体的には、生産性を格段に高めたクローズド型の人工光型植物工場「Culture Machine」を世界中に広める挑戦を実施しています。

「人工光型植物工場」には代表的に下記のメリットがあると言います。

  • 投入材料を無駄にしない、省資源の価値。

  • 寒冷・熱帯・乾燥地帯でも新鮮な野菜が採れる、地域社会・地域環境への価値。

  • 低カリウムレタスや薬草に代表される、機能性成分の価値。

  • 洗浄せずに安心して食べられる、クリーンさの価値。

プランテックスが開発する「人工光型植物工場」である、「Culture Machine」は、一般的な植物工場に見られるオープン・タイプではなく、棚ごとに密閉されたクローズド・タイプを採用しています。その結果、精密な制御などが可能になります。 また、これらの工場はソフトウェアだけでなく、ハードウェアも必要な領域で、今後、世界的にも活躍できる企業になることを目指しています。 興味を持たれた方は、プランテックスのホームページなどをチェックしてみください。 SDGs InsightではSDGsに関連するアクションやチャレンジを行う企業を引き続き紹介していきます。

​メルマガ登録はこちら

送信ありがとうございました