検索

大林組のESG債と長期環境ヴィジョンに沿ったSDGsへの貢献

最終更新: 11月8日

大林組とは、1892年創業の大手総合建設会社です。 大林組は2021年を見据えて、中期経営計画を策定しています。 2021年には売上高2兆円程度、営業利益1500億円程度を目標にすえています。 「最高水準の技術力と 生産性を備えたリーディングカンパニー」と「多様な収益源を創りながら 進化する企業グループ」をあり姿に掲げ、既存4本柱(建築・土木・開発・新領域)の強化を戦略の核に事業領域の深化・拡大、グローバル化を加速し「目指す将来像」を実現を目指しています。

記事の続きは…

www.sdgsinsight.com を定期購読してお読みください。

今すぐ申込む

最新記事

すべて表示

東京大学によるSociety5.0への変革を駆動する大学としてSDGsの達成に貢献

東京大学は、経済産業省による、「SDGs経営/ESG投資研究会」の中で、Society5.0への変革を駆動する大学としてSDGsの達成に貢献への方針を明らかにしています。 プレゼンテーション資料はこちら。 SDGs経営/ESG投資研究会では、国内外のSDGs経営の成功事例に焦点を当てつつ、如何にし て企業がSDGsを経営に取り込んでいくか、また、投資家はどういった観点からそう いった取組を評価

​メルマガ登録はこちら

Copyright (C) SDGs Insight All Rights Reserved.

運営会社:株式会社KI Strategy

東京都港区芝5丁目27番3号B-102号室

info@kistrategy.co.jp