Copyright (C) SDGs Insight All Rights Reserved.

運営会社:株式会社KI Strategy

東京都港区芝5丁目27番3号B-102号室

info@kistrategy.co.jp

検索
  • SDGs Insight

LIXILの世界の衛生問題の解決に向けた「トイレ」とSDGsの取り組み


LIXILグループの取り組み

LIXILグループは「は優れた製品とサービスを通じて、 世界中の人びとの豊かで快適な住生活の未来に貢献」を経営理念のもと、「2020年までに世界で最も企業価値が高く、 革新的で信頼されるリビングテクノロジー企業となる」というヴィジョンを掲げています。

また、グローバルな衛生課題の解決の為に、2020年までに1億人の衛生環境を改善するという目標を掲げており、途上国の衛生問題解決に向けた「トレイ」の普及につとめています。


途上国の衛生環境

「安全で衛生的なトイレを利用できない人 24億人 」

「屋外排泄を余儀なくされている人 9億5000万人」

結果、「下痢性疾患で命を落とす 5歳未満の子ども 毎日800 人」と推計されています。

LIXILのCR戦略「世界の衛生環境の改善」と SDGsの社内外浸透」より抜粋

そこで、ビル&メリンダ・ゲイツ財団からの援助を受け、開発された簡易式トイレ「SATO (Safe Toilet)」の普及に尽力しています。

2013年に初めてバングラデシュで発売され、特徴としては、洗浄に必要な水もごくわずかで、子どもでも安全に使用できるように設計されています。

また現地で生産で低価格と、現地の雇用創発に寄与しています。


SDGsに関しては、職場単位の勉強会や、イントラネット内でSDGsの普及啓発活動も実施されています。

昨今では、企業内の社内ポータルや、イントラネット内で、SDGsを一つの「ネタ」として社内のコミュニケーションの活発化や、新規事業の創発のアイディア出しなどに活用する事例が増えてきています。

SDGs Insightでは、企業や団体のSDGsに関連した活動や取り組みについて、調査しその一部をメディアとして公開しています。関連領域に関心をお持ちの方や、インタビュー先なども随時募集しています。

お気軽にお問い合わせください。

#Goal1 #Goal4 #Goal6 #Goal5 #Goal8 #Goal10 #Goal12 #Goal15 #Goal13

​メルマガ登録はこちら