Copyright (C) SDGs Insight All Rights Reserved.

運営会社:株式会社KI Strategy

東京都港区芝5丁目27番3号B-102号室

info@kistrategy.co.jp

検索
  • SDGs Insight

2030年に向けた日立のサステナビリティへの取り組みとして「SDGsレポート」による情報整理

最終更新: 1月25日


SDGsレポートの発行

日立は、2030年に向けたサステナビリティへの取り組みとして、SDGs特化型のレポートを発行しています。

レポートはこちらから閲覧可能となっています。

SDGsについては、企業活動全体で貢献する目標と、事業戦略で貢献する目標を切り分けて目標を設定しています。


その上で、2050年、2030年という将来を見据えたバックキャスティングとして、「低炭素社会」「高度循環社会」「自然共生社会」に向けたKPIを設定しています。


また、日立は、社会イノベーション事業において「電力・エネルギー」「産業・流通・水」「アーバン」「金融・社会・ヘルスケア」の4つを注力事業分野として展開しており、それぞれの産業における、「2030年の市場規模(予測)」や、「日立が目指す姿」と、「具体的な取り組み」などの情報が整理されています。


会社の規模が一定以上の大きさになると、隣の部署や事業がどんなことをやっているのか?またどういう世界観を想定しているのか?など同じ会社にいても把握できなくなってきます。

そういう意味でも、SDGsという切り口で事業を整理することで、社内のオープンイノベーションや、事業毎の将来像を従業員を中心とした、各ステークホルダーへ情報提供するという効果も期待されます。

今回は、SDGs特化型レポートを発行した、日立の事例を紹介しました。

引き続き、企業・団体のSDGsに関連した取り組みを紹介していきます。


※SDGsの導入やブラッシュアップなどを検討されている方は、ブティックファームのLifeDrumLab Inc.でも支援を実施しています。

お気軽にご連絡ください。

#Goal1 #Goal2 #Goal3 #Goal4 #Goal5 #Goal6 #Goal7 #Goal8 #Goal9 #Goal10 #Goal11 #Goal12 #Goal13 #Goal14 #Goal15 #Goal16 #Goal17

​メルマガ登録はこちら