検索

不二製油のESG経営とCSRによるSDGsの達成への貢献

最終更新: 11月8日

不二製油は、1950年創業。 約3000億円の販売高を誇る食品素材メーカーです。 主要商品は、「植物性油脂」「業務用チョコレート」「乳化・発酵素材」「大豆加工素材」です。 そんな不二製油は企業の「ミッション」「ビジョン」「バリュー」「プリンシパル」を制定しています。 ミッションは「食の素材の可能性を追求し、食の歓びと健康に貢献」すること。 そのために「油脂と大豆事業を中核に、おいしさと健康で社会に貢献する、食の未来創造カンパニー」を目指すことを明らかにしています。

新中期経営計画「Towards a Further Leap 2020」では、2020年の「あるべき姿」と2030年の「ありたい姿」を明確にしています。 また、その実現のために「おいしさと健康」「価値づくり」「自己改革」を基盤として推進していく方針です。

SDGsについては、「SDGsに対する不二製油グループの取り組み~社会との対話に基づいた学びと実践~」を発表しています。 不二製油は社会の中の一員、CSRを果たすことは経営そのものという認識のもと、ESG経営を推進していくことを明らかにしています。 動画なども公開されていますので、関心をお持ちの方はそちらもチェックしてみてください。

今回は、不二製油の中期経営計画や、SDGsの達成に向けた取り組みや情報開示を紹介しました。 引き続き、企業・団体のSDGsの達成に向けた取り組みなどを紹介していきます。


※SDGsの導入やブラッシュアップなどを検討されている方は、ブティックファームの

KI Strategyでも支援を実施しています。

お気軽にご連絡ください。

​メルマガ登録はこちら

Copyright (C) SDGs Insight All Rights Reserved.

運営会社:株式会社KI Strategy

東京都港区芝5丁目27番3号B-102号室

info@kistrategy.co.jp