検索

ダイキンのSDGsの貢献〜「地球」「都市」「健康・快適」の3つのテーマ〜

最終更新: 1月25日


「地球」「都市」「健康・快適」への貢献

ダイキングループは事業を通じてSDGsの実現に貢献するために、「地球」「都市」「健康・快適」の3つのテーマを特定。世界をリードする技術で、環境負荷を低減しながら、健康で快適な暮らしを実現できる、新たな価値の提供をめざして下記をコミットメント。

「地球」:空調から生じる環境負荷を低減

人の健康に貢献し生産性を高めるという空調の 恩恵が広がっても環境負荷が増えない世界をめざし、空調機器の環境性能をさらに高めていく為に、下記を実施

・空調機器の省エネ化推進

・冷媒の温暖化影響削減

・暖房から生じるCO2量の削減

「都市」:都市化によって生じるエネルギー関連課題の解決に貢献

空調機器のライフサイクルからビル・都市の ライフサイクルへ事業を拡大し、労働・居住空間 を快適に保ちつつ、ビル全体・都市全体でエネ ルギーを効率化していく為に、下記を実施

・建物の消費エネルギーを限り なくゼロにするZEBへの貢献

・エネルギーマネジメント、 デマンドレスポンス

・創エネルギー

「地球」:空気で人の健康を守る

空調による生活の質の向上や汚染物質の除去だけでなく、集中力を高める空気環境など、空気 の可能性を追求し、人々の健康で快適な生活に貢献していく為に、下記を実施

・フィルタ事業を通じて「空気・ 空間」に関わる課題を解決

・「健康・快適」にまつわる 空間価値を創出

詳細は、ダイキングループ サステナビリティレポート 2017を参照ください


空気をはぐくむ森プロジェクト

世界7カ所(日本、インドネシア、カンボジア、中国、インド、リベリア、ブラジル)で約1,100万haの森林を保全。植林だけでなく、地域住民が持続的に森で暮らしていけるよう支援し、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)に貢献することを目的にしています。


今回は、空調ビジネスを展開している、ダイキンのSDGsに対するコミットメントと、具体的な活動事例について紹介しました。

引き続き、企業・団体のSDGsの活用事例等を紹介していきます。


※SDGsの導入やブラッシュアップなどを検討されている方は、ブティックファームのLifeDrumLab Inc.でも支援を実施しています。

お気軽にご連絡ください。

#Goal1 #Goal2 #Goal3 #Goal4 #Goal6 #Goal5 #Goal7 #Goal8 #Goal9 #Goal10 #Goal11 #Goal12 #Goal13 #Goal14 #Goal15 #Goal16 #Goal17

最新記事

すべて表示

東京大学によるSociety5.0への変革を駆動する大学としてSDGsの達成に貢献

東京大学は、経済産業省による、「SDGs経営/ESG投資研究会」の中で、Society5.0への変革を駆動する大学としてSDGsの達成に貢献への方針を明らかにしています。 プレゼンテーション資料はこちら。 SDGs経営/ESG投資研究会では、国内外のSDGs経営の成功事例に焦点を当てつつ、如何にし て企業がSDGsを経営に取り込んでいくか、また、投資家はどういった観点からそう いった取組を評価

​メルマガ登録はこちら

Copyright (C) SDGs Insight All Rights Reserved.

運営会社:株式会社KI Strategy

東京都港区芝5丁目27番3号B-102号室

info@kistrategy.co.jp