検索
  • SDGs Insight

味の素による社会課題解決と、社会と価値を共創するASVを通じたSDGsへの貢献

味の素は、社会課題を解決し、社会と価値を共創する ASV(Ajinomoto Group Shared Value)を掲げています。 また、 味の素グループの目指す姿(Our Philosophy)を、ミッション・ビジョン・バリューを中期経営計画の中でも明らかにしています。

ミッション: 私たちは地球的な視野にたち、 “食” と “健康”、そして、 明日のよりよい生活に貢献します


ビジョン: 先端バイオ・ファイン技術が先導する、 確かなグローバル・スペシャリティ 食品企業グループを目指します


バリュー: 創業以来一貫した、 事業を通じて社会価値と経済価値を 共創する取り組み


そして、ASVを通じた価値創造ストーリーを明確にしています。 事業の重要課題となるマテリアリティーに対しては、「機会」と「リスク」と「アクション」という形で情報開示を行っています。


また、味の素が重視する社会的価値がいかに、経済的価値に結び付いているのかを、整理し統合報告の中でも明示しています。


社会的価値についても、会社で独自にKPIを設定し、その内容についてもモニタリングし、公開を実施しています。


SDGsについては、会社として重点的に取り組み目標として、事業領域とも関連の深い、「健康な生活」「食資源」「地球持続性」を掲げています。


具体的な各種アクションについては、「サステナビリティデータブック」にも紹介されています。関心をお持ちの方は是非、覗いてみてはいかがでしょうか?



今回は味の素の中期経営計画と、SDGsへの取り組みについて紹介しました。

引き続き、企業・団体のSDGsの達成に向けた取り組みなどを紹介していきます。



※SDGsの導入やブラッシュアップなどを検討されている方は、ブティックファームの KI Strategy Inc.でも支援を実施しています。

お気軽にご連絡ください。

​メルマガ登録はこちら

Copyright (C) SDGs Insight All Rights Reserved.

運営会社:株式会社KI Strategy

東京都港区芝5丁目27番3号B-102号室

info@kistrategy.co.jp