検索
  • SDGs Insight

ソニーにおけるSDGsのコミットメント〜事業との関係性の中で重要目標の特定〜


Sonyは持続可能な開発目標(SDGs)に対して、社長がトップコミットメントとしてメッセージを発表しています。

2015年9月に開催された「国連持続可能な開発サミット」において「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)」が発表され、企業を含む様々な ステークホルダーが長期的な視点で持続可能な社会の実現のために目指すべき方向が示されました。

グローバルな企業市民として、多様な価値観を尊重する文化を醸成していくことの大切さや、持続可能な社会のための課題解決に向けてソニーが果たすべき役割について、ス テークホルダーの皆さまとの継続的な対話を通じて認識を深め、その実現に取り組んでまいります。

https://www.sony.co.jp/SonyInfo/csr_report/issues/ より引用

また、ソニーは、目標とサプライチェーンを含むビジネスとの関連性を検証しています。

その上で、事業活動を行っていく際に、SDGsに設定されている目標の中でも下記へのインパクトの評価を実施することを公言しています。

「3. すべての人に健康と福祉」「8.ディーセント・ワークと経済成長」「12.持続可能な消費と生産」「13.気候変動」

また、今後に向けて 持続可能な開発目標(SDGs)で設定されている17の目標など、さまざまな社会のニーズに対して、製品やサービス、技術、イノベーションとソニーグループ 社員の力、さらにはステークホルダーとのパートナーシップを活用して下記への貢献をコミットしています。

「4.質の高い教 育をみんなに」「5.ジェンダー平等を実現しよう」「9.産業、技術革新、社会基盤」「17.パートナーシップで目標を達成しよう」


SDGsの啓蒙活動の為に、Small Smurfs Big goalsの運営などの独自の取り組みを実施。

ソニーはマテリアリティ項目の特定は下記のステップで実施しており、課題候補項目の抽出・整理において、SDGsの観点を活用しています。

Step1: 課題候補項目の抽出・整理 

Step2: 自社視点およびステークホルダー視点での評価の実施

Step3: CSRマテリアリティ項目の最終化

SDGsの目標のうち事業との機会や関わりを分析し、トップコミットメントを実施している事例を紹介しました。

ソニーのCSRレポートはこちらからダウンロード可能となります。

合わせてご参照ください。

#Goal3 #Goal4 #Goal5 #Goal8 #Goal9 #Goal12 #Goal13 #Goal17

​メルマガ登録はこちら

Copyright (C) SDGs Insight All Rights Reserved.

運営会社:株式会社KI Strategy

東京都港区芝5丁目27番3号B-102号室

info@kistrategy.co.jp