検索

三菱重工業による長期ビジョンに基づくSDGsへの達成への貢献

最終更新: 11月8日

中期経営計画と長期ビジョン

三菱重工業は、2018年度から2020年度までの3ヵ年にわたる「中期経営計画(2018事業計画)」を策定しています。

事業規模5兆円を目指し、下記の方針を掲げています。

① グローバル水準の持続性と成長力を有する企業体格の実現

② 事業構造改革の定着

③ 長期ビジョンに基づく成長戦略の推進

また、「地球上の全ての人々が安心して暮らせる社会」というコンセプトに基づく長期ビジョン「MHI FUTURE STREAM」というものを策定しています。

中期経営計画のモニタリング


また、策定された中期経営計画(2018事業計画)の推進状況も一般に公開されています。

「EV化」「環境負荷低減」「人に優しい社会」「低炭素化」「コンパクトシティー」などを中心に下記の製品などを広めています。

・電動式コンプレッサー

・EV向け超小型 レンジエクステンダー

・CO2冷媒 冷凍冷蔵 コンデンシングユニット

・船舶用SOXスクラバー

・二酸化炭素回収貯留(CCS)

事業活動を通じたSDGsの取り組みも

また、SDGsの達成への貢献を意図した事業として、下記などを掲げています。

関心をお持ちの方は、HPなども参考にしてみてください。

・ 地熱発電プラント

・ 洋上風車 V164-8.0MW

・ CO2回収プラント

・ 排煙脱硫装置

・ 船舶用排ガス浄化装置

・ ターボ冷凍機

・ 高効率ガス発電システム

・ ITS(高度道路交通システム)

・ ごみ焼却発電施設

今回は三菱重工の長期ビジョンと、SDGsの達成に向けた具体的な取り組みについて紹介しました。

引き続き、企業・団体のSDGsの達成に向けた取り組みなどを紹介していきます。


※SDGsの導入やブラッシュアップなどを検討されている方は、ブティックファームの

KI Strategyでも支援を実施しています。

お気軽にご連絡ください。

最新記事

すべて表示

東京大学によるSociety5.0への変革を駆動する大学としてSDGsの達成に貢献

東京大学は、経済産業省による、「SDGs経営/ESG投資研究会」の中で、Society5.0への変革を駆動する大学としてSDGsの達成に貢献への方針を明らかにしています。 プレゼンテーション資料はこちら。 SDGs経営/ESG投資研究会では、国内外のSDGs経営の成功事例に焦点を当てつつ、如何にし て企業がSDGsを経営に取り込んでいくか、また、投資家はどういった観点からそう いった取組を評価

​メルマガ登録はこちら

Copyright (C) SDGs Insight All Rights Reserved.

運営会社:株式会社KI Strategy

東京都港区芝5丁目27番3号B-102号室

info@kistrategy.co.jp