検索

川崎重工の長期ビジョンと事業通じてのSDGs達成に貢献

川崎重工業株式会社は、オートバイ・航空機・鉄道車両・船舶などの輸送機器、その他機械装置を製造する日本の企業です。 三菱重工業・IHIと共に重工大手三社の一角を成しています。 そんな川崎重工は、中期経営計画と長期ビジョンを策定しています。

2030年までの長期的なスパンにおいては、ミドルボディ機体の登場や、高圧油圧機器への需要の高まり、船腹過多による市場低迷、国内車両製造市場の成長率低下などと共に、環境規制の強化とそれに伴う電動化や、低環境負荷エネルギーへの移行などを掲げています。 そうした背景を受けて、幅広い事業通じて、SDGs達成に貢献していく旨を中経でも明確にしています。

具体的には、 ・水素技術を中心とした脱炭素化によるクリーンエネルギーの創出 ・ロボットやIoTなどを活用し自律化による高齢化・労働力不足への対応 ・デジタルイノベーションによる新ビジネスモデルの創出 などを掲げ 航空宇宙システム、エネルギー・環境、精密機械・ロボットの3分野が成長を牽引していく事業ポートフォリオを目指しています。

今回は川崎重工の長期ビジョンと、SDGsへの取り組みについて紹介しました。 引き続き、企業・団体のSDGsの達成に向けた取り組みなどを紹介していきます。

※SDGsの導入やブラッシュアップなどを検討されている方は、 ブティックファームのKI Strategy Inc.でも支援を実施しています。

お気軽にご連絡ください。

​メルマガ登録はこちら

Copyright (C) SDGs Insight All Rights Reserved.

運営会社:株式会社KI Strategy

東京都港区芝5丁目27番3号B-102号室

info@kistrategy.co.jp