検索
  • SDGs Insight

農林水産省における食品産業とSDGsの取り組みの整理

最終更新: 1月25日


農林水産省×SDGs

農林水産省が、食品産業とSDGsをテーマに具体的な取り組み事例などの情報を整理しホームページに公開しています。


食品産業がSDGsに取り組む主な意義としては、下記を掲げています。

・ビジネスの発展

「食品産業は、さまざまな栄養素を含む食品を安定供給することで、SDGsが目指す豊かで健康な社会に貢献できる産業である」と認識しており、事業の発展によりSDGsの達成をアクセラレートするとしています

・リスクの回避

食品産業は、多くの自然資源と人的資源に支えられて成立していることから、SDGsが達成されずに環境と社会が不安定になることが、ビジネス上のリスクに直結しているため、SDGsを度外視した事業展開はリスクが高いとしています

・企業の社会的価値の向上

環境(E)、社会(S)、ガバナンス(G)に配慮している企業を重視・選別して投資を行う「ESG投資」などの潮流に合致するとしています

食品業界×SDGs

また、食品事業者の取り組みの整理や、SDGsのそれぞれの目標ごとに、取り組み事例などを紹介しています。


取り組み事例は、随時追加されています。

また、目標毎に情報が整理されていますので、ご関心をお持ちの方は、是非、参照してみてはいかがでしょうか?


今回は、農林水産省が実施するSDGsの取り組みの整理について紹介しました。

引き続き、国内外の企業・団体のSDGsに関する情報を紹介していきます。

※SDGsの導入やブラッシュアップなどを検討されている方は、ブティックファームのLifeDrumLab Inc.でも支援を実施しています。

お気軽にご連絡ください。

#Goal1 #Goal2 #Goal3 #Goal4 #Goal5 #Goal6 #Goal7 #Goal8 #Goal9 #Goal10 #Goal11 #Goal12 #Goal13 #Goal14 #Goal15 #Goal16 #Goal17

​メルマガ登録はこちら

Copyright (C) SDGs Insight All Rights Reserved.

運営会社:株式会社KI Strategy

東京都港区芝5丁目27番3号B-102号室

info@kistrategy.co.jp